マミちゃん

先生! 私、妊活を始めて半年たちますがなかなか授かれなくて。

調べていたら、「亜鉛をとりましょう」という情報をちらほら見かけるのですが、実際のところどうなんでしょうか?

おまつ先生

亜鉛は、妊活で悩むマミさんにはぜひおすすめしたい栄養素です。

亜鉛には、妊娠力を高める効果があるからです。

マミちゃん

そうなんですね! 食べ物だけではなかなか難しそうなので、サプリでとれたら良いなと思っています。

どんなサプリがおすすめでしょうか?

おまつ先生

妊活には、「葉酸」など、亜鉛以外にもおすすめの栄養素があります。このため、亜鉛とそれらを一緒にとれるサプリを選ぶのが良いでしょう。

ではここから、妊活中の亜鉛の効果や、亜鉛を取り入れるための食事やサプリについて、詳しく解説していきますね!

1.不妊にさよなら!妊活中から夫婦で亜鉛をとるべき2つの理由

亜鉛は、人が健康を維持するために必要な栄養素です。全身の細胞内に存在しています。

具体的には、次のようにさまざまな働きをしています。

  • 体の成長を促す
  • 味覚を正常に保つ
  • 生殖機能を高める

亜鉛は別名「セックス・ミネラル」と呼ばれています。妊活中のあなた、そしてご主人にも、とってもおすすめの成分です。

この項では、今から夫婦で亜鉛をとっておくべき以下の2つの理由をご紹介します。

  1. 【女性】亜鉛は妊娠体質に近づけてくれるから
  2. 【男性】亜鉛は男性機能を高めてくれるから

順番に、解説していきます。

理由1.【女性】亜鉛は妊娠体質に近づけてくれるから

笑顔の妊婦

亜鉛には、女性ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。(参考:「サプリメント健康辞典」)

妊娠するためには、女性ホルモンがしっかり分泌されなければなりません。

女性ホルモンは、以下の2種類のことをいいます。

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン):子宮に作用して、受精卵のベッドとなる子宮内膜を厚くする
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン):子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える
脳からの指令の図

ユニ・チャームHPより引用)

これらがうまく分泌されなかったり働かなかったりすると、妊娠できないのです。

亜鉛は、この大切な女性ホルモンの分泌を良くする働きがあります。つまり、亜鉛を取りいれることで、妊娠体質に近づくことができると考えてください。

積極的に摂取していきましょう!

理由2.【男性】亜鉛は男性機能を高めてくれるから

亜鉛で元気いっぱい!

亜鉛は、男性にとっても非常に大切な栄養素です。

精子の形成や勃起不全を改善させる効果があるとされているからです。(参考:「サプリメント健康辞典」)

逆に、亜鉛が不足すると、男性機能が下がってしまうリスクがあります。以下のように報告されているからです。

亜鉛欠乏症の特徴は、発育遅延、食欲不振、および免疫機能障害である。重症の場合、亜鉛欠乏症は脱毛、下痢、性的発達の遅延、インポテンス、男性の性腺機能低下、および目と皮膚の病変を引き起こす

厚生労働省「総合医療」情報発信サイトより引用)

精子形成や発育には、亜鉛が不可欠です。男性の亜鉛不足は精液所見不良の原因になってしまうと考えてください。(参考:佐久平エンゼルクリニックHP

実は、不妊の原因の48%は男性側にあるといわれています。

このため、今から夫婦で亜鉛をとり、妊娠力をアップさせていきましょう!

2.亜鉛の平均摂取量と妊活中の必要量

では、普段、私たちは亜鉛が足りているのかというと、残念ながら足りていないのが現状です。

亜鉛の平均摂取量(女性)

 

亜鉛の平均摂取量(男性)

亜鉛の必要量は、

  • 女性:8㎎
  • 男性:10㎎

です。

しかし、見てのとおり、女性は妊娠可能な全年齢で、亜鉛が不足しています。

一方の男性は、10代こそ足りているものの、20~40代は足りていないことがわかります。

とくに、普段からスポーツをしている人や、汗っかきな人は、亜鉛が不足している場合が多いです。亜鉛は、汗の中に多く含まれており、汗をかくたび体の外へと出ていってしまうからです。

先ほどもお伝えしたとおり、亜鉛不足は不妊の原因になってしまう恐れがあります。

このため、妊活中は特に、亜鉛を意識的に補っていくことが大切です。

3.亜鉛を多く含む食べ物

牡蠣の写真

亜鉛不足を防ぐために、亜鉛を多く含む食べ物を知っておきましょう。

亜鉛を多く含む
食べ物
100gあたりの
含有量(㎎)
牡蠣(カキ)13.2
煮干し
(カタクチイワシ)
7.2
豚レバー6.9
卵黄4.2
焼きのり3.6

中でも、カキの亜鉛含有量は、とびぬけて高い(13.2㎎/100g)です。女性の場合、必要量8㎎の亜鉛をとるには、カキ3つ分程度食べる計算になります。(カキ1つ=約20gです)

また、上記の他に、赤身の肉にも亜鉛は多く含まれています。

普段の食事にこれらを取り入れ、亜鉛を「ちょい足し」していきましょう!

4.妊活に必要な亜鉛以外の栄養素

実は、妊活中は、亜鉛以外にもとっておくべき成分が複数あります。

最低限外せないのは、以下の栄養素です。

  • 葉酸
  • ビタミンB12
  • ビタミンB6
  • ビタミンC

葉酸を始めとするこれらの栄養素は、妊活中から必ずとっておく必要があります。

妊活中の葉酸は、赤ちゃんが障害になるリスクを下げる効果があるからです。

木々の葉っぱの写真

妊活で葉酸を摂る理由は?効果やメリット知りサプリで摂ろう!

2018年2月24日

また、上記のビタミンは、葉酸を活性化させたり吸収を良くしたりしてくれます。このため、必ず葉酸とあわせて摂りましょう。

さらに、あなたの妊娠力を高めるために、以下の栄養素もおすすめです。

  • マカ
  • ビタミンE

マカは、言わずとしれた妊活成分です。女性ホルモンのバランス調整に役立ちます。

あなたの生理周期を整え、妊活につきものである「イライラ」症状の改善にも効果があるとされている成分です。(参考:サプリメント健康辞典

また、ビタミンEは、別名「妊娠ビタミン」と呼ばれています。妊活に必須の栄養素であると考えてください。

排卵の促進、卵巣重量の増加、ホルモン調整の作用があると言われているからです。(参考:「卵子の老化に負けない妊娠体質に変わる栄養セラピー」)

そして、は、妊活の天敵である「冷え」を予防・改善するためにとても大切です。

鉄は、血液のもととなる成分です。このため、十分な鉄をとることは、血流を良くすることにつながります。

そうなると、冷えも解消される可能性があると考えてください。

妊活中は、これらの栄養素をしっかり補い、赤ちゃんの健康を守りましょう。そして、1日も早く宝物がやってくるように、体の準備をしていきましょう!

5.亜鉛をとる際に知っておきたい「食べ合わせ」のコツ

亜鉛をとりいれる際は、同時にとる食べ物にも注意しましょう。亜鉛は、一緒にとる成分によって、吸収効率が良くなったり悪くなったりするからです。

第5項では、亜鉛と他の栄養素の「食べ合わせ」について、詳しく解説していきます。

5-1.亜鉛とあわせて摂るべき栄養素

亜鉛は、動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂るとより良いです。

吸収率が高まるからです。

動物性たんぱく質とは、肉や魚のことです。ビタミンCは、赤ピーマンやブロッコリー、キウイなどに豊富に含まれています。

たんぱく質とビタミンC

相性の良い食べ合わせを理解し、効果的に亜鉛を取り入れていきましょう!

5-2.亜鉛の吸収を妨げるNG食材

一方で、フィチン酸やシュウ酸と一緒に摂るのはおすすめできません。これらは、亜鉛の吸収を妨げてしまうからです。(参考:「正しく知れば体が変わる! 栄養素の摂り方便利帳」)

フィチン酸は、米ぬかやごま、米、小麦、インゲン豆、とうもろこしなどに多く含まれています。

シュウ酸は、葉菜類の野菜,タケノコ,紅茶,コーヒー,お茶などにたくさん入っています。

また、アルコールと一緒にとることも控えましょう。以下の理由からです。

アルコール飲料は、体が吸収する亜鉛の量を減少し、尿中に排泄される量を増加します

厚生労働省「総合医療」情報発信サイトより引用)

せっかく意識して亜鉛をとったのに、うまく吸収されなかったり、多くが体外に出て行ってしまったりしては、もったいないです。

亜鉛を取り入れるときは、これらとの食べ合わせ・飲み合わせには気をつけましょう。

6.亜鉛を補うには妊活サプリがおすすめ

亜鉛を補う際は、妊活・葉酸サプリの活用もおすすめです。

普段の食事だけでは、毎日必要量の亜鉛をとり続けることは、なかなか難しいからです。

サプリであれば、妊活に必要なその他の栄養素も効率よくとることが可能です。。このため、負担なくあなたの妊活をサポートしてくれます。

マミちゃん
でも、妊活サプリは種類が多すぎて、「結局どれがおすすめなの?」と選ぶのに苦労します……。
おまつ先生
そこでおすすめしたいのが、妊活・葉酸サプリの「マカナ」です!

この項では、効率よく栄養素を補うためのサプリの活用と、おすすめ妊活サプリ「マカナ」について、詳しく解説していきます。

6-1.サプリなら効率よく亜鉛を補える

亜鉛を補う場合、妊活・葉酸サプリを活用するのも1つの手です。

サプリであれば、安定して継続的に亜鉛をとりいれることができるからです。

このとき、「亜鉛のみ」とれるサプリはおすすめできません。妊活には、第4項でお伝えしたとおり、葉酸などのその他の栄養素も必要だからです。

このため、妊活中からとるべき栄養素を、すべて1つでとれるサプリを選びましょう。

マミちゃん
でも先生、たとえば「亜鉛」と「葉酸」、それぞれ別のサプリでとるのはどうでしょうか?
おまつ先生
それはおすすめできません!

サプリには、少なからず「添加物」が入っています。複数のサプリをとる場合、添加物も倍多くとりいれてしまうことになりますよ!

また、サプリの併用は、栄養素の過剰摂取につながるリスクがあります。

パッケージに書いてあるメインの栄養素以外にも、さまざまな成分を含んでいるサプリも多いからです。

知らず知らずのうちに、「複数のサプリで同じ栄養素をとりすぎていた」なんてこともあり得ます。

このようなことがないように、亜鉛とその他妊活に必要な成分(葉酸、ビタミン、鉄、マカなど)が一度でにとれる商品を選びましょう。

6-2.亜鉛も葉酸も補えるおすすめ妊活サプリ「マカナ」

そこでおすすめなのが、妊活・葉酸サプリ「マカナ」です。

マカナは人気No1

マカナは、亜鉛を5.3㎎補うことができます。

先ほどお伝えしたように、亜鉛の必要量と平均摂取量(20~40代)は、以下のとおりです。

  • 女性:必要量8㎎、平均摂取量7.1~7.3㎎
  • 男性:必要量10㎎、平均摂取量8.7~9.1㎎

です。

このため、マカナをとれば、男女とも確実に必要量の亜鉛をとることができます。

また、マカナの一番の強みは、これ1つで妊活に必要な成分がすべて補える「オールインワン妊活サプリ」である点です。

マカナは1袋で4役

マカナであれば、これまでご紹介してきた、「葉酸・ビタミン・鉄・マカ」などの、今とりいれるべき成分が、必要量もれなくカバーできます。

気になる価格は、月々5,980円です。1日193円でこれだけの成分が手に入れられるサプリは、他にはありません。

また、初回はなんと3,980円で、超お得に始めることができます。

妊活中にサプリをとる目的は、「赤ちゃんが健康に育ちますように……」そして何より、「早く赤ちゃんを授かりたい!」これに尽きますよね。

妊活に本気で取り組むあなたには、マカナが絶対におすすめです!

7.亜鉛の過剰摂取には気をつけよう

ただし、サプリを活用する場合、過剰摂取には気をつけなければなりません。副作用を起こすリスクがあるからです。

厚生労働省は、亜鉛の上限量を以下のように定めています。

  • 女性:35㎎
  • 男性:10~20代は40㎎、30~40代は45㎎

これを超えるような摂り方をすると、次のようなリスクが生じます。

(亜鉛を)過剰摂取した場合、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃痙攣(けいれん)、下痢および頭痛などの徴候がみられます。長期にわたり亜鉛を過剰摂取すると、銅の減少、免疫の低下、およびHDLコレステロール(「善玉」コレステロール)の減少などの問題が生じる場合があります。

「総合医療」情報発信サイトより引用)

「銅の減少」は、貧血を引き起こす可能性があります。

妊活サプリは、「赤ちゃんのため」「早く妊娠するため」に摂りますよね。

にもかかわらず、不妊の原因にもなりうる「貧血」を引き起こしてしまっては、元も子もありません。サプリで亜鉛を補う際は、目安量を必ず守ることが重要です。

なお、目安量どおりに使う分には、副作用のリスクはまずありません。

まとめ

亜鉛は、あなた、そしてご主人を妊娠体質に近づけてくれる、大切な栄養素です。

しかし、私たちは、必要量の亜鉛が足りていない現状にあります。

亜鉛は、カキや赤身の肉、煮干しなどに多く含まれています。妊活中はぜひ、これらを積極的に取り入れましょう。

また、毎日食事を意識することが難しい場合、妊活・葉酸サプリの活用がおすすめです。

サプリであれば、効率よく継続的に亜鉛を摂取することができます。

ただし、サプリを活用する際には、過剰摂取には気をつけなければいけません。副作用につながるからです。

妊活サプリは、必ず目安量を守って使いましょう。

おすすめ葉酸サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。筆者のおまつです。 東京都の某区で6年間保健師として、母子保健を中心に携わってきました。現在は、某企業で産業保健師として働いています。 妊活に悩んでいた筆者が、妊活やサプリについて調べているなかで、「間違った情報が本当に多い……これではいけない!」と思ったことが、サイトを立ち上げたきっかけです。 このサイトでは、厚労省や複数の書籍で得た「妊活やサプリの正しい知識のみ」をお届けしています。 妊活に悩むあなたが、1日でも早く赤ちゃんに会えるよう、思う存分知識をもっていっていただけますと幸いです!