DHC葉酸サプリは、薬局やコンビニなどでもよく目にする、なじみのあるサプリですよね。

ただ、妊活・葉酸サプリについて調べていると、「ネットでしか買えないサプリと比べて、なんでこんなに安いの?!」と疑問に思うのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、妊活を本気で成功させたいあなたには、DHCはおすすめできません。

栄養成分がかなり少なく、これだけでは「早く授かりたい……」というあなたの悩みを解決することは難しいからです。

ただ、「サプリにお金はそんなにかけられないし、とにかく葉酸だけはとっておきたい」と考えるのであれば、DHCを使うのもありでしょう。

このページでは、妊活で使うDHC葉酸サプリの成分や口コミを詳しくみていきます。あなたにあった妊活サプリを選ぶための参考にしてみてください。

1.妊活サプリDHC葉酸のメリットとデメリット

黒猫が✖と〇をもっている写真

商品を選ぶときには、メリットとデメリット、どちらも理解したうえで決めることが重要です。

あなたが、「何を大切にしたいか」と、その商品の「強み」がちがっては、自分にあうサプリを選ぶことはできないからです。

この項では、DHC葉酸サプリのメリットデメリットを紹介していきます。

DHCがあなたに適したサプリなのかどうか、参考にしてみてください。

1-1.DHCのメリットは「手軽で続けやすい」

まず、DHC葉酸サプリのメリットをみていきましょう。

  • とにかく安い
  • 薬局やコンビニなどで買える
  • 飲みやすい

この3点です。

妊活サプリは毎日続けるものなので、なんといっても「価格」は気になりますよね。

DHC葉酸サプリは、1か月分で税込み258円です。激安です。笑

ネットで購入できる妊活・葉酸サプリの相場は3,000~6,000円なので、なんと10分の1の価格で買うことができます。

また、マツモトキヨシやサンドラッグなどの薬局や、コンビニでも買えるという手軽さは強みです。

そして、1日1粒で粒もかなり小さい(8㎜)ため、なんの苦もなく飲むことができます。

「妊活にそんなにお金はかけられないし、とりあえず葉酸だけとれれば良い」そんな人には、DHCは悪くないです。

DHC 葉酸 30日分を最安値で購入する

1-2.DHCのデメリットは「栄養成分が少なく添加物が多い」

次に、デメリットをみていきます。

  • 栄養成分が少なく妊活のサポートは期待できない
  • 添加物の割合が圧倒的に多い

先ほどお伝えしたように、DHCは、他のサプリに比べると、驚くほど値段が安いです。

ただ、この差はなにかというと、他ならぬ「品質」の違いであると考えてください。

具体的には、

  • 栄養成分の種類や量
  • 添加物の種類や量

月に数千円かかるサプリと数百円ですむDHC葉酸サプリとでは、ここに大きな差があります。

たとえば、「ハンバーガー」で考えてみましょう。マクドナルドは、1つ100円で買える「安さ」を売りにしています。

これにたいして本格店では、ハンバーガー1つで1000円以上という価格帯が普通です。マクドナルドの最安値とは、10倍も差があるわけです。

海外産(中国や台湾など)の肉や野菜、添加物をたくさん使ったものと、国産の肉・野菜のみ使用したものとでは、価格は全然かわってきます。

しかし、値段重視でマックを選ぶ人もいれば、おいしさ・品質重視で本格店しか選ばない人もいます。

値段の違う2つのハンバーガー

妊活・葉酸サプリも、これと同じです。

DHCは、安いかわりに栄養素が非常に少ないです。葉酸と、その働きをよくする数種類のビタミンのみ入っています。

残りの大部分はなにかというと、すべて添加物です。(詳しくは第2,3項で解説しています)

これにたいし、たとえば妊活サプリ「マカナ」では、あなたを妊娠に近づける成分が、驚くほど多く入っています。

このため、「安いほうが良いけど、赤ちゃんのことを考えると、品質も大事にしたい」「妊活が思うようにいかなくて、焦ってきた……」そんな人は、DHC葉酸サプリはおすすめできません。

2.妊活サプリDHC葉酸の栄養成分

では、DHCの栄養素を丸裸にしていきます。笑

わかりやすく、妊活サプリで人気No.1のマカナと比較してみましょう。赤字が栄養成分です。

DHC 葉酸 マカナ
麦芽糖、デキストリン/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12 マカ粉末(国産)、亜鉛含有酵母、ナイアシンアミド含有酵母、国産野菜&フルーツ30種、ビタミンE含有植物油、金時ショウガ、ルイボス茶エキス、マグネシウム含有酵母、スピルリナ、α-リポ酸、GABA、DHA含有精製魚油粉末(乳成分を含む)、還元型コエンザイムQ10/セルロース、貝Ca、ビタミンC、HPC、ステアリン酸Ca、酸化ケイ素、ピロリン酸鉄、パントテン酸カルシウ、セラック、グルコン酸銅、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、塩化カリウム、ビオチン、ビタミンB12

入っている成分が、まったく違いますよね。

第2項では、DHC葉酸サプリに入っている成分と足りない成分について、詳しく解説していきます。

2-1.葉酸ほかビタミンB群が入っている点は〇

GOOD

DHCの栄養素は、以下の4つです。

ビタミンB6 貧血を防ぐ、ホルモンバランスを整える、つわりを軽くする
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康を維持する
葉酸 赤ちゃんが神経管閉鎖障害(※)になるリスクを下げる、貧血を防ぐ
ビタミンB12 脳や神経を正常に保つ、貧血を防ぐ

(参考:サプリメント健康事典

【※神経管閉鎖(へいさ)障害とは】

妊娠初期に赤ちゃんの脳やせきずいのもととなる「神経管」がうまく作られないことによって起こる神経の病気です。妊娠初期の葉酸不足が原因の一つと言われており、排泄障害や歩行障害があらわれます。

実は、葉酸は、それだけでは働かない性質があります。このため、ほかのビタミンB群(特にB6、B12)やビタミンCと一緒にとることが重要です。

薬局の激安サプリのなかには、「葉酸のみ」のものもあります。

それに比べると、DHC葉酸サプリはビタミンB6とB12は入っているため、その点は評価できます。

2-2.妊活に重要なビタミンCや鉄が入っていないのは✖

赤いバツの写真

ただ、DHC葉酸サプリには、ビタミンCや鉄が入っていません。これはかなりの減点ポイントです。

ビタミンCは、ビタミンB群同様に、葉酸を活性化する働きがあります。また、抗酸化作用もあるため、妊活には欠かせません。

【抗酸化作用とは】

体のサビの原因となる活性酸素を、やっつける働きのことをいいます。

活性酸素によって卵子がサビついた状態が、いわゆる「卵子の老化」です。卵子の老化は、不妊の原因になります。

また、妊活を成功させるためには、鉄も非常に重要です。鉄不足による貧血は、不妊のリスクを作ってしまう可能性があるからです。

鉄が足りないと、体の血のめぐりが悪くなります。

その結果、妊娠に関係する子宮や卵巣などの器官の働きが悪くなってしまう可能性があるからです。

子宮の冷えのイラスト

正直なところ、妊活に必要な栄養素は、このほかにもたくさんあります。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

食事とサプリ

妊活中に絶対外せない!食事やサプリでとるべき葉酸などの栄養素

2018年5月21日

ただ、最低限入っていてほしいビタミンCや鉄が入っていないことは、見逃せません……。

妊娠体質に近づくためのサプリを検討しているのであれば、DHCは不向きです。

3.妊活サプリDHC葉酸の添加物

小瓶に入った食品添加物の写真

どんな妊活サプリでも、添加物はほぼ確実に含まれています。

サプリの品質を一定に保つために、必要だからです。このため、「添加物が入っているから悪い商品」ということはまったくありません。

無添加のサプリは安全なのか?

妊活・葉酸サプリは「無添加だから安心・安全」ではない理由

2018年7月16日

ただ、妊活サプリを選ぶときには、「添加物の種類や量」を必ず確認する必要があります。

妊活中におすすめできない添加物が入っていることや、栄養素がほぼ含まれず「添加物の塊」のようなサプリもあるからです。

第3項では、DHC葉酸サプリの添加物の種類や量について、詳しく解説していきます。

3-1.添加物の種類は問題なし

では、栄養素とは関係のない「添加物」を確認していきましょう。使われているのは、以下の4つでした。

麦芽糖(マルトース) ◎(安全性にまったく問題なし)
増量剤。(主成分の量が少ない場合に、一定の大きさや濃度にする)。トウモロコシやじゃがいもなどのデンプンを分解して作られているため安全。
デキストリン
増量剤、結着剤(つなぎの役割)。トウモロコシやじゃがいもなどのデンプンを分解して作られているため安心。(精密にいうと、添加物ではなく「食品」)
セルロース
結合剤(錠剤を固める)。植物の細胞壁を構成する主な成分で、野菜などにも普通に含まれているので安全。
ショ糖脂肪酸エステル 〇(まず問題なし)
滑沢剤(かったくざい:材料が鋳型(いがた)にくっついてしまわないよう滑らかにする)ショ糖(砂糖)と植物油由来の脂肪酸から作られており、基本的には安全。
※ADI(=30m㎎/㎏/日)が設定されている
【ADI(Acceptable Daily Intake:一日摂取許容量)とは】
ある物質について、人がその物質を一生にわたり毎日とり続けたとしても、健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量のことです。(参考:厚生労働省 食品安全情報)

このように、DHC葉酸サプリの添加物は、危険なものはありません。

ショ糖脂肪酸エステルについて、「胎児奇形のリスクがあるから危険!」なんていう記事もたまにみますが、根拠なしです。

「ショ糖脂肪酸エステル」は、いわゆる乳化剤として多くの食品に含まれています。ガムベースもその一種です。催奇形性について調べてみたところ、とくに見当たりませんでした。WHO等の国際機関からの提供情報を載せている下記サイト(英語)
http://www.inchem.org/documents/jecfa/jecmono/v15je09.htm
にもありませんでしたし、ラットのえさに混ぜて2世代にわたって観察したというFood Chem Toxicol(1987)の論文にも催奇性はみられなかったとあります。

国立医療科学院HPより引用)

DHC葉酸サプリは、安全性には問題ないサプリであるといえます。

3-2.添加物の量が多すぎる

円グラフ「DHCは97%が添加物」

危険な添加物は使われていませんでしたが、問題は、栄養素と添加物の割合です。

DHC葉酸サプリは、残念ながら、添加物の割合が非常に多いです。

1粒150㎎で、各栄養素は以下の量です。

葉酸0.4㎎、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 0.0025㎎

1粒(150㎎)から栄養素(0.4+1.3+1.7+0.0025=3.4025㎎)を引くと、約145.6㎎が添加物です。

これを%になおすと、97%は添加物ということになります。

危険な添加物は入っていないにしても、これはちょっと添加物が多すぎます……。

妊活サプリは、食事でとりきれない栄養素を補うために使うものです。このため、栄養成分が足りず、添加物ばかり毎日とりいれるというのは、正直おすすめはできません。

4.DHCサプリの併用はおすすめできない理由

倒れたケースからあふれでるサプリ
マミちゃん
栄養素が少ないのなら、他のサプリと併用すれば良いと思うのですが?
おまつ先生
いいえ、それはおすすめできません!

サプリの併用がおすすめできない理由は、2つあります。

  1. 添加物も倍多くとりいれることになるから
  2. 栄養素の過剰摂取になるリスクがあるから

さきほどもお伝えしたように、ほとんどの妊活サプリには、栄養素と関係のない添加物が入っています。

このため、栄養成分が少ないからといて他のサプリを併用するということは、添加物もそのぶん多くとりいれることになります。

また、併用したサプリの栄養成分がかぶっていた場合、「過剰摂取」になるリスクも考えられるのです。

たとえば、DHCの「マルチビタミンサプリ」と併用したとします。

マルチビタミンサプリの栄養素成分は、以下のとおりです。

ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2 、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸、ビタミンP

上記の赤字が、DHC葉酸サプリと重複している成分です。(マルチビタミンサプリは葉酸200なので、妊活向きではありません)

栄養素のなかには、上限量(それ以上のとると、体に害を及ぼすおそれのある量)が定められているものも多いです。

サプリの摂りすぎには注意

とりすぎは危険!妊活中の葉酸サプリの上限量は1000㎍

2018年6月8日

このため、サプリを併用するということは、知らず知らずのうちに一定の栄養素を過剰摂取してしまうリスクがあると考えてください。

このため、1つのサプリで妊活に必要な栄養素をすべて補えるサプリを選ぶのがおすすめです。

食事とサプリ

妊活中に絶対外せない!食事やサプリでとるべき葉酸などの栄養素

2018年5月21日

5.妊活サプリDHC葉酸は男性向けの成分配合ではない

拒否するビジネスマン

本来妊活サプリは、夫婦で飲むのがおすすめです。

不妊の原因の48%は、男性側にあるといわれているからです。

しかし、DHC葉酸サプリは、旦那さんにはおすすめできません。男性が妊活中にとるべき成分が、全然足りないからです。

たしかに葉酸は、男性の精子の質を高める可能性があります。

2008年に行われたアメリカの調査で、「葉酸をしっかりと摂取している男性の精子」は、「そうでない男性の精子」と比べて、染色体異常が20~30%低かった、という結果が出ているからです。(参考:カルフォルニア大学バークレー校のBrenda教授の調査(英文)

ただ、男性の場合、葉酸よりも重要な栄養素がいくつかあります。

マカ亜鉛です。これらは、精子の質や数を改善させたり、精力を向上させたりする働きがあるからです。

このため、旦那さんがとるべきサプリは、マカや亜鉛、できれば葉酸も入っているものが良いでしょう。

6.市販の妊活・葉酸サプリではAFCのmiteteがコスパ抜群

miteteの写真

ここまで、DHC葉酸サプリの特徴について解説してきました。

もしあなたが、

  • 妊活サプリはなるべく安くすませたい
  • でも、葉酸だけじゃなく妊活に必要な最低限の栄養素はとっておきたい

そう思ったのであれば、DHC葉酸サプリは適していません。DHCには、最低限とっておくべき「ビタミンC」や「鉄」が入っていないからてす。

ここで、あなたにおすすめなのが、AFCの葉酸サプリmiteteです。miteteは、月1,944円で買うことができます。

それでいて、栄養成分ばっちりです。赤字が栄養素です。

ライスマグネシウム、還元麦芽糖水飴、食用油脂、酵母(亜鉛、銅、セレン含有)、還元パラチノース/貝カルシウム、セルロース、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、HPC、ステアリン酸カルシウム、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、シェラック、ビタミンB6、増粘多糖剤、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、トウモロコシたん白、ビタミンD、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB12 

DHC葉酸サプリとは、わけが違います。これだけの成分が入っていて月2,000円以内におさまっているサプリは、mitete以外ありません。

6個まとめ買いだと、もっともお得に1,544円で手に入ります。1日50円程度で、妊活中に必要な栄養素をまんべんなく補えるということです。

このため、「あまりお金をかけれらないけど、最低限必要な栄養素はしっかりとりたい」そんなあなたには、miteteをおすすめします。

なお、少しお金をかけてでも、「1日も早く赤ちゃんに会いたい……」そう考えているのであれば、妊活サプリの「マカナ」が、間違いなく1番おすすめです。

マカやビタミンE、亜鉛をはじめ、あなたを妊娠体質に近づける成分が、これ1つですべて補えます。

おまつ先生
あなたにあった妊活サプリを選びましょう!

まとめ

妊活・葉酸サプリは、商品ごとに品質が大きく異なります。

「葉酸」と一部の「ビタミン」のみ含んでいて、安さを売りにしているものもあります。これが、DHC葉酸サプリです。

一方では、値段はやや高いかわりに、妊活に本当に必要な栄養素をすべて配合した商品もあります。

本来であれば、正直なところ、後者がおすすめです。

妊活サプリを飲む目的は、「食事でとりきれない栄養素を補い、妊娠体質に近づくため」だからです。

ただ、妊活サプリは、数カ月単位で続けなければ意味がありません。

このため、お財布と品質とを相談しつつ、あなたが継続できるものを選ぶことが大切です。

おすすめ葉酸サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。筆者のおまつです。 東京都の某区で6年間保健師として、母子保健を中心に携わってきました。現在は、某企業で産業保健師として働いています。 妊活に悩んでいた筆者が、妊活やサプリについて調べているなかで、「間違った情報が本当に多い……これではいけない!」と思ったことが、サイトを立ち上げたきっかけです。 このサイトでは、厚労省や複数の書籍で得た「妊活やサプリの正しい知識のみ」をお届けしています。 妊活に悩むあなたが、1日でも早く赤ちゃんに会えるよう、思う存分知識をもっていっていただけますと幸いです!