妊活中はこれで決まり!夫婦で飲めるおすすめ葉酸サプリ3選

1,2,3の写真
マミちゃん
先生! 葉酸サプリはすごくたくさん種類があって、「結局どれが良いの?!」と分からなくなってしまいます……
おまつ先生
そんなときは、夫婦で飲めて健康な赤ちゃんの誕生に役立つ以下のサプリがおすすめです!

中には、「とりあえず葉酸だけ入っていれば良いんでしょ?」「安ければ良い!」などの理由で決める人がいますが、絶対にダメです。

妊活・葉酸サプリを選ぶときは、「栄養素と安全性を兼ね備えている」ことを基準として、効果がしっかり期待できる商品を判断することが大切です。

妊活サプリは、あなたが「1日も早く赤ちゃんに会いたい」という目標をかなえるためにとりますよね。

実は、薬局のサプリを代表とした激安サプリには、「栄養素が不十分」であったり、「添加物のかたまり」であったりする商品が多いです。

「安いから」という理由だけでこれらを選んでしまっては、授かりに近づくことはできません。それだけでなく、赤ちゃんやママの健康を守れないリスクすら考えらます。

特別区で7年間保健師として働いていた筆者が、妊活中に本当におすすめできる「妊活・葉酸サプリ3選」を紹介させていただきます。

あわせて、選ぶ際に欠かせない6つの基準について、詳しく解説いたします。

1.夫婦で使えるおすすめ妊活サプリ【葉酸配合】3選

妊活は、人生にかかわることなので、「確実に妊娠体質に近づけるものを選びたい」と思いますよね。

ただ、妊活・葉酸サプリは種類が多すぎて、どれが一番良いサプリなのか、選定が難しいです。

このため、正しい知識と目をもっていないと、妊活に全然意味がない商品をつかまされてしまうことさえあります。これだけは避けたいですよね。

このランキングは、保健師である筆者が、世にでている妊活・葉酸サプリを徹底的にリサーチして作成しました。

おまつ先生
リサーチを重ねた結果、妊活サプリ選びにおいて重要なポイントがわかったのです!
  • 授かり体質に近づく成分がどれくらい入っているか
  • 赤ちゃんの健康を守る葉酸などの成分がしっかり入っているか
  • 品質・安全性は絶対に問題ないか

そして、これらを満たす「妊活に本当に最適なサプリ」トップ3が、こちらです。

  1. マカナ
  2. マカミア
  3. ベジママ

これらは、男女ともに妊娠体質に近づける成分がしっかりとれ、葉酸を初めとしたビタミンなどの栄養バランスがとても良いです。また、品質が高いため、安心して使うことができるサプリであることは間違いありません。

3つそれぞれの特徴をまとめると、以下のとおりです。

 マカナマカミアベジママ
妊活成分
妊娠直後
必須成分
安全性
始めやすさ
初回割引あり

初回割引
全額返金保証あり


全額返金保証あり

おすすめ第1位! マカナ

マカナは4冠達成
だからオススメ!
  • 妊活オールインワンサプリ!~妊活から授かり直後まで夫婦一緒にこれ一つでOK~
  • 不妊クリニックの産婦人科医も推奨!
  • 妊活専門の管理栄養士によるマンツーマン食事&栄養指導サービスつき!

「妊活をスタートして数か月。始めたらすぐに授かれると思っていたのになかなかできなくて焦ってきた……

「私より遅い時期に結婚した友人は次々に授かっているのに……〇〇のとこは赤ちゃんまだなの?』という言葉がすごく傷つく……

そんなあなたには、妊活サプリ「マカナ」が断トツおすすめです!

マカナの最大の特徴は、「授かりに近づくための成分」と、「授かり後に赤ちゃんの健康を守る成分」が、これひとつで完璧にとれる点です。

2019年5月現在でている妊活・葉酸サプリで、このような成分配合のものは、マカナ以外ありませんでした。

そして、夫婦ともに妊娠体質に近づくための栄養素がばっちり入っています。メーカーに問い合わせしてみたところ、月に数百件の「嬉しい報告」がある、とのことでした。(薬機法という法律の関係で、メーカーのHPには詳しく書けないのですが(^^;)

単品だと6,580円ですが、夫婦協力コース(2袋セット)の定期購入(自由解約可)なら、初回はなんと43%OFFの1袋3,730円です。この成分配合でこの価格は、どう考えても赤字です。笑

薬局の激安サプリなどに比べるとマカナは少し高いですが、栄養素や品質が正直なところ比になりません。こんなにコスパの良い商品はないでしょう。

おまつ先生
マカナはまさに、他のサプリでは手に入らない「妊活オールインワンサプリ」です!

おすすめ第2位! マカミア

マカミア
だからオススメ!
  • 不妊の味方「ミトコンドリア」を徹底的にサポート!
  • 妊活の3ステップ「排卵」「受精」「着床」をトータルサポート!
  • 1日2粒で飲みやすい!

第2位は、マカミアです。

マカミアの特徴は、ミトコンドリアのサポート成分がばっちり配合されている点。

ミトコンドリアは男女ともに「授かり力」に大きく関わるとして近年注目されているものですから、この働きを維持・向上させることは妊活において非常に重要なのです。

その他の成分は1位のマカナには及びませんが、それでも妊活、そして授かった後に必要な葉酸ほかビタミンB群なども必要量しっかり配合されています。

このため、授かり後の安心感があるのは高く評価できるポイントですね。

ただし、マカナよりも1,000円以上価格が高いため、2位としています。

おまつ先生
特に、卵子の質が急激に下がる35歳以降の方は、マカミアがおすすめです!

おすすめ第3位! ベジママ

ベジママ
だからオススメ!
  • 注目の妊活成分「ピニトール」があなたの授かりをサポート!
  • 自社栽培・直売で「安全」「高品質」「低価格」を実現!
  • 無期限の全額返金保証あり!

生理不順で排卵がうまくいっていないかも……。なかなか授かれずに悩んでいる……」

ベジママは、そんな人におすすめです。また、「多嚢胞(たのうほうせい)性卵巣症候群(PCOS)と診断された……」こんな人は、ベジママ一択です。

ベジママの最大の特徴は、「ピニトール」が豊富に含まれていることです。

ピニトールは、PCOSによる「排卵障害」の改善に役立つとして、注目されている妊活成分です。

先にご紹介したマカナは、「冷えを解消、ホルモンバランスを整える」というように、妊活を全体的にサポートする成分が豊富に含まれています(マカ、ビタミンE、金時ショウガ、ルイボス茶エキス、スピルリナ、GABA、DHAなど)。

一方ベジママは、妊活成分としては「ピニトール、ビタミンE、ルイボス茶抽出物」のみの配合です。

おまつ先生
生理不順で、「もしかして排卵障害かも……?」という人は、ベジママを試す価値ありです!

2.妊活・葉酸サプリ選びに欠かせない6つの基準

マミちゃん
おすすめのサプリは分かりました! でも、具体的にどんな基準で選んだのですか?
おまつ先生
実は、妊活・葉酸サプリ選びには、「絶対に欠かせない6つの基準」があるのです!
  1. 妊活成分がしっかり入っている
  2. 合成葉酸が400㎍とれるようになっている
  3. 葉酸とセットでとるべきビタミンが含まれている
  4. 「GMP認定工場」で作られている
  5. 飲みやすい、続けやすいように作られている
  6. 危険な原材料や添加物が使われていない

これら6つの基準が1つでも欠いていると、赤ちゃんやママ自身の健康を守れない可能性があるからです。

当然、ご紹介した3つのサプリは、これらをすべて満たしています。

一つずつ、詳しくみていきましょう。

基準1:妊活成分がしっかり入っている

まず、ひとつめの基準が、妊活成分がしっかり入っていることです。具体的には、以下は特に効果が期待できる栄養素といえます。

  • マカ:女性ホルモンのバランスを整える、男性の生殖能力を強化する
  • ビタミンE:男女のホルモンバランスを整える、卵子の老化を遅らせる
  • ビタミンC:卵子の老化を遅らせる
  • :貧血を予防し血のめぐりを良くする
  • 亜鉛:女性ホルモンの分泌を活性化させる、精子の形成を助ける

妊活において、「ホルモンバランスが整っていること」は、非常に重要です。

そうでないと、妊娠に必要な排卵、着床などの過程がうまくいかないからです。

こうなると当然、妊娠できません。

また、排卵障害がある人に限定はされますが、ベジママに入っている「ピニトール」もおすすめです。「マカサプリを半年以上試したけど効果がない……」そんな方には、試してもらいたい成分ですね。

また、夫婦で飲む場合、男性の妊活成分も重要です。

特に、マカやビタミンE、亜鉛は絶対にとっておくことをおすすめします。これらは、精子の形成に役立ったり、勃起不全を改善したりする働きがあるからです。

不妊の原因の48%は男性側にあるといます。決して、他人事ではありませんよね。

妊活においては、夫婦で協力しながら取り組むことが、成功への一番の近道です。2人で絆を深めながら、妊活を成功させてください。

基準2:合成葉酸が1日400㎍とれるようになっている

合成葉酸が使われていること、1日400㎍の葉酸がとれるようになっていることも、絶対に外せません。赤ちゃんの健康を守るために、必要だからです。

㎍(マイクログラム)とは、「㎎(ミリグラム)の1000分の1」を表す単位です。

葉酸には、2つの型があります。

  • 食事からとる葉酸:天然葉酸(=ポリグルタミン酸型葉酸)
  • サプリで使われることが多い葉酸:合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)

厚生労働省は「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に関する情報提供要領」のなかで「妊娠前~妊娠3か月までは、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を追加で400㎍とるように」と提言しています。

葉酸がもっとも必要なのは妊娠3週頃~ですが、多くの人が妊娠に気がつくのは、妊娠4~6週です。このため、もっとも重要な時期を逃さないために、妊活中からの葉酸摂取が必要というわけです。

マミちゃん
でも、なぜ「合成葉酸」なのですか? サプリでとらなくても、食事からとれればそれで良いと思うのですが……
おまつ先生
これには、それぞれの葉酸の「体内利用率(体でうまく利用できる割合)」が関係しています!

実は、天然葉酸(ポリグルタミン酸型)は合成葉酸(モノグルタミン酸型)にくらべ、体内利用率がはるかに低いことがわかっています。

具体的には、天然葉酸は50%であるのに対し、合成葉酸は85%です。

体内利用率の違いのイラスト

同じ400㎍の葉酸をとったとしても、天然葉酸では200㎍の吸収しかされないというわけです。

これに対し、合成葉酸は340㎍吸収される計算になります。

体内利用率の差を考えて、しっかりと必要量が体に吸収されるよう、「合成葉酸」が使われているものを選びましょう。

くり返しになりますが、妊活中の葉酸必要量は、「合成葉酸(サプリで)400㎍」と覚えておきましょう。

「妊活サプリ」として売られている商品の中には、葉酸が含まれていなかったり、400㎍に足りなかったりするものも多いです。

しかし、そのような商品を選んではいけません。

先ほどもお伝えしたように、妊活中からサプリで葉酸をとっておくことで初めて、赤ちゃんの健康を守ることができるからです。

マミちゃん
良いこと考えました! 今から葉酸が必要なら、マカなどのサプリと葉酸サプリ、ダブルでとれば良いですよね?
おまつ先生
いいえ、そのような摂り方はおすすめできません。

サプリには粒を固めるための「添加物」が必ず含まれています。ダブルでサプリをとるということは、添加物も余分に多くとることになりますよ!

妊活サプリを選ぶ際には、必ず「合成葉酸が400㎍入っていること」は外せない基準であると知っておきましょう。

基準3:葉酸とセットでとるべきビタミンが含まれている

ビタミンB12ビタミンCが入っているかどうかも、チェックしましょう。

これらは、葉酸を効率よく働かせる役割があるビタミンだからです。

ビタミンB群の一種である葉酸は、「それだけ」では働きにくい性質があります。

【ビタミンB群とは】

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン、ビオチンの計8種。

ビタミンB群は、お互いに協力し合って働くため、単独でとるよりいろいろな種類を同時にとる方が吸収率が良く、効率よく働く特徴があります。

ビタミンB群のなかでも、特に葉酸とビタミンB12は相性抜群です。赤ちゃんの脳や神経を正常に作るために、これらを必ずセットでとるようにしましょう!(参考:サプリメント健康事典

また、ビタミンCには「葉酸を活性化する」働きがあるため、こちらも重要です。

葉酸とセットでとるべき栄養素

ビタミンはお互いに協力しあって働くことを考えて、配合バランスの良いサプリを選びましょう。

基準4:確かな安全性の証である「GMP認定工場」で作られている

「GMP認定工場」「NSF GMP認定工場」で作られていることは、安全なサプリであることの証です。

【GMPとは】厚生労働大臣が定めた、医薬品などの品質管理基準です。

原材料の入荷から出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められています。GMP認定工場で作られたサプリは、「安全性・品質」に太鼓判が押されているサプリと言えます。

【NSF GMPとは】GMPよりもワンランク上の、「国際的な品質管理基準」です。GMPよりも審査基準が厳しいため、安全性・品質が最高クラスと言えます。

「国や世界で定められた基準」をクリアしているということだからです。

たとえば、どれだけ販売会社が「うちの商品は安全です!」とうたっていても、何を基準に言っているのかわかりません。

過去にマクドナルドで、腐った鶏肉が商品となっていたように、国など信頼できる機関が定めた「基準」を満たしていなければ、信頼性は疑わしい場合もあると考えてください。

GMP(NSF GMPであればなお良し)認定工場で作られていれば、安心して使えるサプリであると言えます。

おまつ先生
マカナとベジママはGMP、プレミンはNSF GMP認定工場で製造されているため安心して使えます!

基準5:飲みやすい、続けやすいように作られている

飲みやすく続けやすいものを選びましょう。

妊活・葉酸サプリは、毎日とらなければ意味がないからです。

毎日使うものが、飲みにくかったり価格が高すぎたりしては、続けるのがキツくなってきますよね。

具体的には、以下の基準を参考にしましょう。

  • サプリの大きさが1㎝以内
  • 月に3,000~4,000円程度(妊活成分を含む場合は4,000~6,000円程度)で続けられる

紹介した3つのサプリはどれも大きさは9㎜で、問題なく飲めると思います。

また、月々の価格は以下のとおりです。

 マカナベジママプレミン
通常価格(税込)6,580円5,940円4,946円
定期便価格(解約自由)5,980円
5,054円
3,866円
最安値ご夫婦協力コース
5,730円
定期便
5,054円
LINE登録
3,766円
初回割引あり
3,730円
あり
2,970円
なし

マカナとベジママは、「妊活成分の入っていないプレミン」よりはどうしても高くなります。

ただ、「妊娠体質に近づける」成分をしっかり補えるため、この金額は妥当、むしろコスパが良いです。

極端に安いものは、栄養成分が全く足りなかったり、品質がだいぶ怪しい可能性が高いため、選ぶべきではありません。サプリの価格は、「原材料にどれほどお金をかけているか」に大きく左右されるからです。(参考:サプリメントの正体

また、おすすめの3つのサプリはこの価格で買えるので、他の商品にこれ以上のお金をかける必要はないでしょう。

一推しのマカナの場合、「ご夫婦協力コース(2袋ずつお届け)」の初回割引を使えば、43%OFFの1袋3,730円で超お得に購入できます。

定期便の頻度も選べる(2か月ごと、などもOK)ため、「とりあえず私だけで先に飲み始めよう!」という人も、ご夫婦協力コースがお得です。

基準6:危険な原材料や添加物が使われていない

「妊娠中に良くない」とされている添加物や原材料を使っているものは選ぶべきではありません。

なかには、子宮を収縮させてしまったり、ホルモンバランスを乱すような栄養素もあるため、注意が必要です。

なぜ、妊活中の今から「妊娠中NG」のものに気をつけなければならないかというと、多くの人が妊娠に気づくのは、妊娠4~6週だからです。つまり、妊娠してから1か月以上は赤ちゃんがいることに気づかずに生活することになるのです。

たとえば、「高麗(こうらい)ニンジン」や「アロエ」が使われているサプリがあります。

ただ、それらには以下の注意すべき作用があります。

(高麗ニンジンは)常用することで、副腎(ふくじん)や性腺(せいせん)で産生される男性ホルモンの一種であるデヒドロエピアンドロステロンの生産と分泌が過剰になることがあります。

(アロエは)体を冷やす作用や下剤作用があるため、冷え性の人や体が衰弱している人、月経中や妊娠中、授乳中の人は使用を控えるなど、注意が必要です。

日本サプリメント協会「サプリメント健康辞典」より引用)

妊娠には「女性ホルモン」が大きくかかわっています。このため、その働きを乱す「男性ホルモン」に過剰に働きかける成分は、避けるべきです。

赤ちゃんがいる状態で「高麗ニンジン」や「アロエ」を毎日とり続けるのは、非常に危険であると考えてください。

しかし、妊活中の人向けのサプリであるオーガニックレーベルの葉酸は、危険な原材料をいくつも使ってしまっています。

オーガニックレーベルの葉酸

(出典:オーガニックレーベル公式サイト)

上記2つの原材料以外にも、妊娠中とることは全くおすすめできない原材料がモリモリ使われています。苦笑

くり返しになりますが、妊活が成功し無事妊娠した後も、少なくとも1か月間は赤ちゃんがいることに気がつきません。このため、妊活中からこのようなサプリをとり続けることは、絶対にやめましょう。

添加物については、どんなに高品質のサプリでも、多少は使わているものです。

「粒を固めるため」や「飲みやすくするため」、つまり一定の品質を保つために必要だからです。

ただ、「添加物=悪」というわけではなく、安全な添加物であれば含まれていても問題なしです。ご紹介した3つのサプリは、もちろん安全な添加物のみ使っています。

以下に、安全な添加物の代表例をいくつか示します。

  • セルロース:植物の細胞壁を構成する主な成分。野菜などにも普通に含まれている成分なので安全。
  • 還元麦芽糖水飴(マルチトール):とうもろこし、さつまいもなどを原料としている。賦形剤(ふけいざい:粒を一定の大きさや濃度にするために使う)としてよく使われる。体に吸収されにくいので問題なし。
  • シェラック:カイガラムシの分泌物から得られる天然樹脂。光沢剤として使われる。体に無害。
  • ステアリン酸Ca:乳化剤(水と油のように混ざりにくいものを混ぜ合わせる)として使われる。体内ではほどんど吸収されないため安心。

これらは使われていても安心できる添加物です。

妊活・妊娠中に摂るべきではない原材料や添加物を知り、安全な成分のみで作られたサプリを選ぶことが大切です。

3.薬局・量販店で買える葉酸サプリは「AFC mitete」以外オススメできない理由

薬局など市販で買える葉酸サプリは、私たちが目にする機会が多いため、「よく見かけるし、とりあえず薬局のサプリを使ってみればいいや」と、考える人も多いです。

ただ、市販のサプリは、基本的にはオススメできません。

妊活・妊娠期に必要な栄養成分が、圧倒的に足りないからです。

また、「栄養成分が少ない」ということは、その分「添加物が多い」ということです。同じ重さの粒なのに、栄養素がたっぷり入っているものとそうでないものとでは、「その粒が何でできているか」が全然違いますよね。

ただ、唯一「AFCの葉酸サプリmitete」だけはオススメできます。栄養成分がばっちり入っており、コスパも良いからです。

この項では、市販の葉酸サプリがおすすめできない理由と、miteteだけはおすすめできる根拠について詳しく解説させていただきます。

3-1. 妊活中に必要な栄養成分が足りないものが多い

薬局の葉酸サプリは、葉酸400㎍だけは入っているものが多いです。

しかし、他の必要成分は圧倒的に足りません。栄養素を極限までカットして、コストを抑えているからです。

たとえば、薬局でよく見かける大塚製薬の「Nature Made 葉酸」で考えてみましょう。

ネイチャーメイド写真

(出典:Nature Made公式サイト)

ネイチャーメイドの葉酸の原材料は以下のとおりです。赤字が栄養素です

  • 乳糖
  • セルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 葉酸

ご覧のとおり、栄養成分は葉酸のみで、他はすべて栄養素とは関係ない添加物です。

しかし、先ほど「ビタミンはお互いに協力し合って働く」とご説明したとおり、葉酸以外のビタミンが入っていないということは、葉酸がうまく働いてくれない可能性があるということです。

参考に、当サイト一推しの「マカナ」の成分も紹介しておきます。栄養素が赤字です。

  • マカ粉末(国産)
  • 亜鉛含有酵母
  • ナイアシンアミド含有酵母
  • 野菜粉末(大麦若葉、ケール、さつまいも、(アヤムラサキ)、ほうれん草、かぼちゃ、人参、桑の葉、大葉)
  • ビタミンE含有植物油
  • 金時ショウガ
  • ルイボス茶エキス
  • マグネシウム含有酵母
  • フルーツ野菜エキス(ぶどう、トマト、ニンジン、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦麦芽、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、オレンジ、ブラックカンラント、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、きゅうり、アスパラガス)
  • スピルリナ
  • α-リポ酸
  • GABA
  • DHA含有精製魚油粉末(乳成分を含む)
  • 還元型コエンザイムQ10
  • セルロース
  • 貝Ca
  • ビタミンC
  • HPC
  • ステアリン酸Ca
  • 酸化ケイ素
  • ピロリン酸鉄
  • パントテン酸カルシウム
  • セラック
  • グルコン酸銅
  • ビタミンB6
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • 葉酸
  • 塩化カリウム
  • ビオチン
  • ビタミンB12

ご覧のとおり、圧倒的に栄養素が多いです。薬局のサプリとは雲泥の差ですよね。

サプリは「食事で足りない分を補う」ためにとるものなのに、妊活・妊娠期に補いたい成分が足りていないものを選んでしまっては、意味がありません。

「安いには安いなりの理由」があります。

決して「安いから」という理由だけで決めてはいけません。「必要な栄養素がどれだけ入っているか」をみて、正しい判断をしていきましょう。

3-2.栄養素とは関係ない不要な添加物が多く入っている

市販の葉酸サプリは、乳糖、香料、着色料、甘味料、酸味料などさまざまな添加物が入っていることが多いです。

先ほどご説明したように、栄養素が圧倒的に少ないということは、「その代わりに添加物がたくさん入っている」ということだからです。

たとえば、先ほどのネイチャーメイドの葉酸サプリは、1粒0.3gのうち、葉酸は200㎍(0.0002g)配合されています。つまり、「0.3gのうちの0.0002g以外」は、添加物で固められている、ということになります。

計算すると、なんと「99.9%は添加物」です。

99.9%添加物のグラフ

「体に害がある」ような添加物ではないにしても、こんなにも不要なものを毎日とり続けることを想像すると、気持ち悪いですよね。

以上のことから、栄養素とは無関係の添加物を多く含む市販のサプリは、残念ながらおすすめできません。

3-3. AFCの葉酸サプリ「mitete」はオススメ

miteteの画像

だからオススメ!
  • 驚異のコストパフォーマンス!
  • 妊活~妊娠初期に必要な成分をもれなく配合!
  • 「安全性」や「品質」もしっかり保証!

市販の葉酸サプリの中で、唯一AFCの「mitete」だけはオススメできます。

miteteは、必要な栄養素はしっかり入っているのに、コスパ抜群だからです。単品で1個1,944円(1か月分、税込み)です。3~6個セットはさらに10~20%で購入できます。

最もお得な6個セットであれば、1か月分で1,512円です。このコスパはすごいです(笑)。

製造から販売まですべて自社で行っているからこそ、品質や安全性を保ったまま、コストが抑えられています。

「とりあえず妊活成分は入っていなくて良いから、価格重視で葉酸サプリを選びたい!」そんな人はmiteteで決まりでしょう。